ワキガの治療方法

ワキガは体質的なものであり病気ではありません。ですが、臭いは独特なものがあり、大変不快感を与えます。日本人には少ないと言われていたワキガですが、食生活が欧米化したことでワキガ人口が増えてきているのも事実。いつ誰がワキガを発症してもおかしくはない時代だと言っても過言ではないかもしれません。

ワキガは体質的な問題だから治療ができないかといえばそうではなく、美容クリニックや外科などで手術をすることでワキガの治療を行っていくことができます。ワキガの治療で一般的なのは手術でアポクリン汗腺を取り除いてしまう方法です。最も効果のある方法だとされており、皮膚を3〜4センチ切開してアポクリン汗腺を切除していきます。

手術の方法にもいろいろなものがあり、目で確認しながら取り除く剪徐法、脇の下の皮膚や汗腺、皮脂線や毛根などを切除してしまう皮膚切除法、エクリン汗腺やアポクリン汗腺を切開した穴から吸引して取り除く方法などがあり、クリニックなどによって方法が異なるのはもちろん、その人の症状に合わせて術法が異なってきます。

どの治療方法にもワキガを解消するというメリットがありますが、特徴も異なり手術を行うわけですからリスクを伴うことも忘れてはいけません。自分にとってどんな治療法が適しているのか、手術方法などについてカウンセリングなどを利用して医師にしっかりと相談をしていきましょう。美容外科や形成外科、美容クリニックなどできるだけ多くの医療機関に足を運んで説明を受けることが大切です。