豊胸に使われるバック

日本でも豊胸手術が徐々に浸透していく中で、豊胸に使われるバックには様々なものがあるという事をご存知でしょうか。クリニックによっても異なってくる部分はありますがまず、以前から豊胸にて使われてきているバックが「生理食塩水」のバックです。病院で点滴などに用いられるものと同じ成分ですから、万が一体内でバックが破裂したとしても体外に排出されるといった特徴があります。ただ、液状ですので触った感触は自然なバストと同じになるかと言えばそうではないのがデメリットです。

そして、シリコンバックも以前から使われてきていたものであり、非常に柔軟で自然なバストに近いのが最大の特徴ではありますが、万が一破裂してしまった場合、身体への影響が懸念されるようになったこともあって、現在クリニックなどではあまり使われることがなくなってきました。

そのシリコンバックを人体に影響が出ないよう改良されたのがバイオセルバックです。バックが破裂することがないよう作られており、触った感じもバストに近いものがあるため人気のあるタイプとなっています。

その他にも、コヒーシブシリコンバックといって万が一破裂してもシリコンが体内に出ることがない形状のタイプやクリスタルバック、ハイドロジェルバック、CMCバックといったタイプのものが登場しています。クリニックなどによって、また自分が求めている要望や希望によって挿入するバックが異なってきますので、カウンセリング時などにしっかりと相談をするようにしましょう。